2016_01
29
(Fri)13:04

腎臓病のための食事

ウランの為の食事;

以下コピペ from 腎臓病の食事


犬の腎臓病のための食事

愛犬は腎臓の問題を持つ場合、リンの摂取量を制限することが重要です。リンはカルシウムと結合し、腎臓に蓄積されるので、腎臓にさらに損傷を与えます。
一般的は、肉が多くのリンを含んでいるので、一部の獣医は、肉タンパク質の摂取量を制限することで、リンの摂取量を抑えるの一つの良い方法だと信じています。
また、腎不全の犬がタンパク質を不完全に代謝し、さらに、より少ない窒素廃棄物を生成するように、いくつかの獣医師は、低タンパクの食事(肉の摂取を制限する)を示唆しています。
しかし、腎臓病の犬は健康な犬と同じ、低タンパク食品から十分な栄養を得ることができません。低タンパク食の代わりに多くのホリスティック獣医は、高品質な蛋白源の食事を示唆しています。
では、腎臓病の犬のための食事成分やレシピを見てみましょう。

腎臓病の犬のための食事成分

たんぱく質
前述したように、研究によると、高品質のタンパク質の食事は腎臓の問題を起こしません。実は、タンパク質が犬の主な栄養分の源ですので、腎臓病の犬にタンパク質を抑えるの はよくありません。腎臓病を持つ犬に良いタンパク質は白身肉(とり肉、豚肉)、卵、カッテージチーズ、ヨーグルトなどです。

脂肪
脂肪はエネルギーの源ですので、腎臓の問題を持つ犬にも重要です。また、脂肪は肉より、リンの含有量が低いので、食事に脂肪を加えるのが適切です。
しかし、腎臓の問題を持つ犬は、高脂肪食によって引き起こされる膵炎になりやすいです。したがって、定期的に犬の血中のアミラーゼとリパーゼのレベルをチェックするために、 獣医に依頼してください。

炭水化物
いくつかの穀物は、リンの含有量が高く、避けるべきです。リンの含有量が低い炭水化物を提供すると問題ないのです。例えば、パールタピオカ、白米、ジャガイモ、クスクス、 ビーフン。 (すべては十分に加熱調理されるべきです。)
腎臓病の犬-食事レシピ
腎臓病を持つ犬が食欲不振に苦しむことがありますので、しばしば食事の材料の切り替えは、犬の食欲を刺激するために役に立ちます。

以下のレシピはそれぞれ、体重23キロの犬のための一日の量です。 2-3回に分けて、与えましょう。
腎臓病の犬のためのレシピ

レシピ1
材料:
1カップご飯
小匙2無塩バター
¾カップゆでたジャガイモ
1カップ調理した豚ひき肉
3調理した卵白(卵黄なし)
小匙1½挽いた卵殻
米、バター、ジャガイモ、豚ひき肉を混ぜ、卵白と卵殻を追加しましょう。よく混ぜたら、犬に与えて下さい。

レシピ2
材料:
1½カップ調理したクスクス
大さじ1½無塩バター
1カップ蒸し鶏胸肉
卵1個
大さじ2生クリーム
粉チーズ(チェダーやパルメザン)適量
クスクスとバターを混ぜて、冷却したら鶏肉、卵、クリーム、チーズを追加しましょう。よく混ぜて、犬に与えましょう。











犬が慢性腎不全に苦しんでいる場合、以下のサプリメントも不可欠です:

ビタミンB・C:ビタミンBとCなどの水溶性ビタミンは、頻尿によって排除されるのでこれらのビタミンを補充することが重要です。
炭酸水素ナトリウム:頻尿によって重炭酸イオンも尿腎臓組織から排除されます。しかし、腎臓が正常に機能するために重炭酸イオンが必要です。 イオンを補充するための簡単な方法は犬の食べ物に重曹を一つまみ追加することです。
カルシウム:カルシウムは腎結石の形成を減らし、血液中の過剰なリンを結合することによって、腎不全の進行を遅らせることができるので、 十分なカルシウム摂取が必要です。
オメガ3脂肪酸:研究によると、腎不全の犬はオメガ3脂肪酸を取ることによって、 大幅に長く生きることがわかりました。ビタミンEは、相乗効果のためにオメガ3オイルと一緒に摂取することをお勧めします。
コエンザイムQ10:コエンザイムQ10は、クレアチニン濃度を減少させ、正常な腎臓の機能を回復するのに役立ちます。
ウランのCT&MRIの結果

コメント

コメントの投稿

非公開コメント